へそ下脱毛情報館

複数のレーザーの種類がある

レーザー光線は波長の長さで色だけ作用させて、集中的に熱を加え組織を破壊できます。
レーザーは毛根部分のメラニン色素だけ吸収される波長の光を使い、発毛をつかさどる毛乳頭など破壊して、発毛システム自体ストップさせます。
逆にメラニン色素がない休止中の毛根は作用しなくて、全部の毛を永久脱毛するには毛周期に沿って2〜3か月あけ休止中の毛が成長期に移行するのを待って、何度か照射する必要があります。
医療レーザーは、だいたい3回レーザー照射で半分ぐらい5〜6回照射すれば完了します。
エステ脱毛はその倍かかってきて、早く脱毛効果を実感したい方、忙しくて長期通院できない方は医療レーザー脱毛を選びましょう。
そして医療脱毛には種類があって、ダイオードレーザーや、アレキサンドライトレーザーなどがあります。それぞれ効果、痛みなどで特徴があり、クリニックを選ぶときどれを使ってどういった施術がしているのか事前確認してみましょう。
医療機関ですから、敏感肌など肌が弱くても事前カウンセリングをすることで出力を調整するなどの対応でほとんどの方が施術を受けられます。
ですが、肌が日焼けしていればメラニン色素に反応してやけどが生じることがあって、施術できないことがあり、毛抜きで自己処理で毛を抜いていればレーザー反応しなくて、レーザー脱毛をする予定の方はカミソリでの処理に切り替えることが大事です。

複数のレーザーの種類がある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です